婚活(婚カツ)パーティー初心者の方にも参考になればウレシイです(^^)
婚活@パーティーは 結婚活動応援サイト! 失敗しない婚活(婚カツ)を 学びましょう!
-
人気の婚活イベントやお見合いパーティーの人気ランキング厳選紹介
-

 

 
 

婚活パーティー

 

「結婚白書」






<今どきの結婚観のキーワード> 「婚活」「低予算」「少人数挙式」

■昨年から注目されはじめた「婚活」。婚活の場は「職場」から「紹介・合コン」が主流に
「婚活」とは結婚活動のこと。今や結婚相手を探すための活動をしなければ結婚できない時代に突入!恋人相手・結婚相手探しは、友人を介して『紹介・合コン』をセッティングしてもらう人が約60%になりました。

■身の丈に合った低予算で挙式を望む声多数
結婚式を済ませた人が実際にかかった結婚資金の金額1位は『300万〜400万円』。一方、結婚式を控えた人が考える結婚資金の金額1位は『200万〜300万円』であることから、100万円の差があることがわかります。最近のカップルは、無理のない範囲で結婚式を挙げたいと考えています。

■ゲスト数30〜50名程度の少人数ウエディングに注目が集まる
既婚者・未婚者ともに、結婚式に招待したい・したゲストの人数の1位は『50名くらい』で29%、2位は『30名くらい』で26%、3位は『2〜10名くらい』と続き、80名以上を希望する人が減少しています。

婚活とは?

婚活とは“結婚活動”の略で、就職するために会社説明会や面接を受けて会社選びをする就職活動と同じように、「結婚」を目指したあらゆる活動を指します。

テレビや雑誌では特集が組まれ、「婚活」をテーマにした本やドラマが出てくるなど、「婚活」の知名度は一気に上昇しています。それまでは、周囲の人に話すのさえためらわれがちだった“結婚活動”も、こうした言葉ができたことで堂々と「婚活中です」と公言できる雰囲気になってきているのです。

「結婚したい」と思っていても、なかなか具体的な行動に一歩がふみ出せなかった人たちにとっては、「婚活」を始めるよいきっかけとなっているのではないでしょうか。

いまでは婚活パーティーや婚活バーなど、さまざまな婚活支援サービスが増えてきています。選択肢が広がったぶん、どのサービスを利用しよう?と迷う人も多いでしょう。婚活の定義は幅広く、合コンや出会い系のサイトに参加することも「婚活」に含まれます。しかし、それらの出会いから理想の結婚相手を見つけるのは、なかなか難しいでしょう。なぜなら、そうした場には、数合わせで参加したり、「彼氏・彼女」「恋人」「遊び友達」など結婚には遠い感覚の人や比較的軽い付き合いを求めて参加する人が多いからです。

本気で結婚したいと考えている婚活目的の人が合コンに参加し出会いが増えたとしても、結果に結びつかない、という話もよく聞きます。「婚活」する人にとっては、結婚したい人同士が積極的に出会える場所が大切なのです。 よりよい結婚を目指した「婚活」のあり方が、いま注目されています。

さらに最近では、活動にあたって「3安」という言葉もでき、「安らぎ」「安定」「安心」を念頭に 婚活をすべき、という方が増えています。「安らぎ」は、家庭はいちばん落ち着く場所であってほしい。「安定」は、恋愛のように浮き沈みのない、安定した夫婦関係を築きたい。「安心」はひとりではないという安心感、経済面でのゆとりがほしい、というもので、その定義に基づいて、お相手を探したり、自分が「3安」に、あてはまるように努力をしているようです。

なぜ婚活が必要なの?

日本の結婚の歴史をひも解くと、戦前戦後は家を守っていくためのものであったため、仲人を立ててのお見合いや知人を通じての紹介のように親同士が決める結婚が中心でした。その後、高度成長期に突入すると欧米化がすすみ、自由な恋愛が望まれるようになりました。好景気の波に乗って企業側の大量採用もあり、社内恋愛から結婚に至るケースが増えだし恋愛結婚が主流になっていったのです。

しかし、就職氷河期や不景気など経済的な要因、社内恋愛のリスクや女性の社会的立場の変化などによって、それまで出会いのひとつとされていた社内恋愛は減少傾向にあります。

そして現在の結婚は、お相手紹介のようなお膳立てがないため「婚活しないと結婚できない」とまで言われています。なぜ婚活が必要か、それは恋愛関係があったとしても結婚を自由に選択できるおかげで、その恋愛が結婚に直接結びつかなくなりつつあるからです。

周囲が結婚に対してとやかく追求しなければ、仕事が落ち着くまでは婚期を延ばすことも可能であるし、妥協せずに相手選びをすることもできます。つまり結婚するもしないも、すべてが自己責任。その人自身が結婚を明確に意識できないかぎり、たどり着くことはできないのです。

そうしているうちに晩婚化・非婚化が進み、「結婚を意識しなければ結婚相手を探せない時代」になってしまいました。今の私たちに必要なのは、自分を磨き、出会いの場へ出向いて自分をアピールするといった個々の実行力や努力、つまりは「婚活力」が何よりも大切なのです。

楽しく婚活するススメ

ダンスやテニスなどの趣味を始めるときは、プロの先生や先輩からいろいろ手ほどきを受けて、技術が上達してこそ楽しみが分かるというもの。 しかし恋愛や結婚となると、ひとりでなんとかできると思いがちで、アドバイスを受けるのは恥ずかしいとためらっている人も多いようです。

せっかく婚活を始めても、ちょっと上手くいかないだけでやめてしまうのは、もったいないことです。

婚活にも基本があります。その基本さえ押えておけば、婚活生活には自分磨きやたくさんの人との出会いなど、楽しみがいっぱい待っています。そして、楽しい婚活生活を送っていれば、自然に最愛の人とめぐり会えるものです。


「結婚白書」婚活特集

結婚を意識しているあなた、婚活についてもっと知りたいあなたへ。婚活(こんかつ)とは結婚活動の意味。「結婚白書」婚活特集では「結婚白書」にしかない、蓄積されたノウハウや現代の婚活事情などの情報を発信しています。皆さまの婚活のお役に立てていただければ幸いです。

結婚で女性がいちばん気にするのは?【いちばん避けたい結婚生活は?】

16年もの歳月は「結婚観」において変化をもたらすのでしょうか?過去との比較で今の日本の婚活事情を研究します。

女性が気にするのは、やっぱり「経済」

「いちばん避けたい結婚生活」で、男女揃って最多投票となったのは、「愛情のない結婚生活」
しかし気になるのは、「愛情のない結婚生活」。 つまり愛情のなさよりも避けたい事態が、「経済難」と「退屈」に傾いているということになります。
とくに注目したいのが、女性の約4割は「経済難」を意識しているところでしょうか。
男性には「貧しくても暖かさのある家庭に」との回答があったのに対して、女性は「今よりも生活レベルを落としたくない」「経済的に余裕を持ちたい」「お金のことでケンカは避けたい」との答えが。
不況の世のなかだからこそ、余計に安心して生活したい気持ちが強まり、
結果としてあらわれているのかもしれません。



【1】挙式、披露宴ともに料金面を重視する傾向がさらに顕著に
未婚者が会場を決めるポイントの1位は『料金』(25%)で、4人に1人が選択。『料金』を選択したユーザーは前年比114%と伸びを見せました。また、挙式・披露宴の希望予算は『100万円未満』が圧倒的。こちらも昨年より『100万円未満』『100〜199万円』の低価格帯が増加しています。

【2】キーワードは「アットホーム」。30名程度の少人数に祝福されて過ごしたい
招待人数は既婚者が『50名くらい』、未婚者が『30名くらい』が1位に。結婚式の予算の減少が人数へも影響していました。招待したい相手はお互いの『家族』と親しい『友人』で、こぢんまりとした、ゲストとゆっくり交流ができる式を望んでいます。

【3】必要なものを吟味して、憧れのアイテムへは出費を惜しまないスタイルが主流
ウエディングドレスを着たいと答えたユーザーは90%に上りましたが、予算は様々。ドレスにこだわりたい人と、着られればいい人に分かれる結果に。結婚指輪も『5〜10万円』が1位ですが、2位に『30万円〜』が入り、金額で妥協せず納得のいくものを選びたい人も多く存在しています。

教えて!あなたの婚活失敗談 | 婚活特集

「できるなら時間を戻してやり直したい、あんなコトこんなコト……」人生のパートナーを見つけたい!と幸せをつかむために頑張っているからこそ、婚活中には様々なハプニングが巻き起こります。「同じ失敗を繰り返してほしくない!」ということで、婚活中に味わった苦い経験をサンマリエの会員さまにご投稿いただきました。この失敗談から盲点を知り、婚活を成功に導いてくださいね!!

携帯の電源を切らなかったがために…… 【35歳・男性】

私の失敗談。デート中には携帯は切るべきだと思います。以前、紹介された方と食事に行った際、たまたま学生時代の友人から次々と携帯電話に連絡が。電話に出ていたら、デリカシーの無い人だと思われ、メールでは意気投合していたのにも関わらず呆れられ、結果上手く行きませんでした。今考えてみたらやはり失礼な行為ですね。大切な人と会う時には携帯はOFFにしておくべきだと思います。

気づいたら、交際中のお相手が5人に! 【35代・女性】

紹介状がくる度、どの方もよさそうに見え、「OK」の返事ばかりしていたら、交際中のお相手が5人に……。案の定、どの方に何の話をしたかわからなくなってしまい、話がかみ合わないことがありました。最悪なのは、お相手の名前を間違えてしまったことです。ひとりの方に決めるまでは複数交際を認めていただいているとはいえ、あってはならないことですよね(泣)


  女性・OL向けのお得な情報サイト「結婚白書」
たくさんの幸せな家族が増えるよう、精一杯お手伝いさせていただきたいと思っています。

恋愛・結婚情報満載 「結婚白書」は働く女性のための「結婚情報」サイト。毎週当たるプレゼントや最新コスメ,グルメ,お出かけ,占い,イベント,恋愛,結婚などお得な情報・クチコミが満載の女性サイトです。

結婚準備の基礎知識、ブライダルフェア、ドレス、リング、国内・海外結婚式場、
二次会、新居探しの情報満載!結婚、新生活の事なら「恋愛結婚」

初詣おすすめの神社仏閣は?ご紹介差し上げたご神仏の皆様方のご利益を頂ける神社仏閣は下記をご参照下さい。

【天照大神】
神様の中の神様。ご神徳は万能なので、恋愛成就から結婚祈願までどんな願いも叶えて頂ける事でしょう。

伊勢神宮・内宮(皇大神宮):三重県伊勢市
芝大神宮:東京都港区
伊勢山皇大神社:神奈川県横浜市
金沢神明宮:石川県金沢市
仁科神明宮:長野県大町市
露天神社:大阪市北区
朝日神明宮:京都下京区

【玉依姫命】
ご神徳は、子宝・安産守護で有名ですが、開運や恋愛成就などの願いも叶えて頂けます。

賀茂御祖神社:京都市左京区
知立神社:愛知県知立市
宮崎神宮:宮崎市神宮
玉前神社:千葉県長生郡
玉井宮:岡山市門田
龍口明神社:神奈川県県鎌倉市
中目黒八幡神社:東京都目黒区

【宗像三神】
ご神徳は、海上・交通安全が有名ですが、美や子孫繁栄も司る神様なので、恋愛成就や婚活成功のご祈願を叶えて頂けます。

厳島神社:広島県佐伯郡
宗像大社:福岡県宗像郡
江島神社:神奈川県藤沢市
竹生島神社:滋賀県東浅井群

性格美人ができている3つのパーティー作法

さて、もう早いもので2009年も最終月。年末年始にかけて、クリスマス、忘年会、新年会も控え、初対面の男女が出会うパーティーの機会も増えるかもしれません。そこで今回は、男性に向けて、立食パーティーを想定して、ちょっと気が効く「性格美人」ができている3つのパーティー作法をご紹介いたします。

ポイント:男性が去った後も、態度が変わらない

気になる女性を見付けたら、遠くから男性と話している様子を観察してみてください。
パーティーに来ている女性は、たいていは社交的。初対面の人とも、愛想良く話せる人が多いです。なので、会話をしているときは、楽しそうな雰囲気を出したり、ある程度会話に乗ってくれたりもします。差が出るのは、会話が終了した後。「性格美人」は、男性が去った後も、始終、同じ雰囲気に包まれています。

男性と会話をしている時は、露骨な態度は見せる人はさすがに少ないです。しかし、その場を立ち去った後に、一緒にパーティーに来た女友達に、「今日のパーティーは、本当にいい男いないよね。会費を払って、マジ損したんだけど。」と、ふてくされた表情に豹変する人はいます。さっきまでのスマイルは、完全に作り笑顔だったのかもしれません。女性だけになると油断して、素の表情を垣間見せる場合があります。よく観察してみてください。

男心が萎えてしまうクリスマスプレゼント

友達以上恋人未満の彼にあげて喜ばれるプレゼントとは?

夏に友達の紹介で知り合った2つ年上の気になる存在の男性がいます。月1回のペースでデートはしているのですが、半年たってもまだ正式に付き合うまで進展がしていません。正直、彼がどう思ってくれているのか不安な気持ちもありますが、今年のクリスマスは彼に思いを込めたプレゼントを渡して付き合えたらと願っています。

もちろん彼氏でないので特別に高価な物とは全く考えていないのですが、その分で何をあげたらいいのか正直迷っています。実際に男の人からみて「友達以上、恋人未満」の女性からは何をもらったら嬉しくて、逆にもらって思わず萎えてしまうNGなプレゼントって何なのでしょうか?

誰から?とプレゼントの中身のバランスが大事なのです!

クリスマスにプレゼントをもらうことは男性、女性に限らず実際には何歳になってもワクワクして嬉しいことでしょう。とは言え、プレゼントをもらってもなぜかテンションが上がらずに思わず萎えてしまうこともあるものです。もちろん、そこには「誰からのプレゼントなのか?」という関係が非常に大きいですが。

カップルはもちろん、今回の女性のように気になる男性とより近づくための、いいきっかけにもなるのがクリスマスというイベントだと思います。今日は、女性が意中の男性にプレゼントを渡す場合に、うまくいくために男性目線からの意見を送りたいと思いますので参考にしてみて下さい!

ナイーブな男心を傷つけるNGアクション

ナイーブな男心を傷つけてしまうNG行動&ワード!


女心を男性が傷つけようものなら、「ひどい」「罪深い」と責められること必至!ところが、女性が男性の心を傷つけるぶんには、それほどとがめられません。「そんなことで傷つくなんて、女々しい」と男性のほうが非難されれかねませんよね。

でも、男性だって繊細な心を持つ“期間”があるんです。屈強の男といえど誰かを好きになりかけや、つきあいかけは“ガラスのハート”を抱えます。ふわふわでぷるぷるの、ちょっと突いたら血を流して崩れ落ちてしまうぐらいの柔らかいココロ。それを無意識のうちに傷つけてしまわないように「NG行動&ワード」を勉強しましょう!

読んでいるうちに「もっと男らしくせい!」なんて怒りたくなるかもしれません。そうなったら深呼吸して怒りをこらえてください。“安定期”にはいるまでのほんの少しの辛抱です。それにあなたが今被っている“うざさ”は「愛されている証し」なのですから…まずは騙されたと思って試してみてください。

さあ、それではさっそくNGアクションについてご紹介してゆきましょう!

◆広い交友関係を楽しげに話すアクション

あなたが魅力的な人で、どれだけ広くて豊かな交友関係があるとしても、それを楽しげに彼に話すのは注意が必要。とくに、それほど交友関係が広くなく狭い世界で生きている男性であれば、強いコンプレックスを抱いてしまい「この子は他にも男性がいるのでは?」と嫉妬心にもつながってしまいます。

「はっ?なんと女々しい!」そう感じるあなたが正常です。でも、ここは1つ、こらえてしばしの我慢を(笑)自分のことを好きになってくれる男性が現れたら、その人の友達関係の「広いor狭い」を事前に確かめてから、自分の友人関係について話す。こういう優しさを持ってあげたいものですね。
婚活スペース
婚活(出会い探し)は婚活無料サイト「婚活@パーティー」婚活の攻略法・裏技紹介。完全無料の婚活(婚カツ)徹底検証!婚活=結婚活動。婚活を成功させるための秘訣や結婚相談所・婚活パーティーの比較検証!
-
婚活スペース
- 「運命の出会い」探しが最も重要
婚活スペース
男性なら「身体を鍛える・服のセンスを磨く」「メンズエステに通う」女性なら「エステ・ネイルサロンに通う」「料理の勉強や習い事」まで、全てが婚活と言えます。しかし『婚活』において最も重要な事はまずは「出会いを増やすこと!」。「仕事が忙しくて?!」「周りはみんな結婚していて?!」という理由で結婚や恋愛以前に出会いがないという方が今の日本には余りにも多いのが現状です。ですから、婚活において最も重要なポイントは「いかに良い出会いに巡り合うか!」が重要なのです。
婚活スペース
- 婚活パーティー体験談を募集中!
婚活スペース
「婚活でこんなことがあった♪」といったエピソートを交えた婚活経験談を聞かせていただけるとウレシイです。経験談を送っていただいても、何か商品を出したりすることは出来ませんが、婚活経験談が参考になる話だった場合、当サイトで掲載させていただきます。(※送って頂いた婚活体験談を100%掲載するわけでは無いのでご了承下さい)
婚活スペース
- 婚活サイトについて♪
婚活スペース
人気の婚活イベントやお見合いパーティーの人気ランキングで紹介。銀座、六本木、新宿といった東京23区から全国津々浦々で行われている婚活パーティーを上手に使いこなすための基礎知識を出来る限りやさしく解説します。

婚活=結婚活動。「婚活」とは結婚活動の略語で、最近ではテレビや雑誌などの各メディアでも取り上げられており、ついには2008年の流行語大賞にノミネートされました。
婚活スペース
広告問い合わせ 婚活パーティーでどんどん出会っちゃおぅ('-^) 広告お問い合わせは☆を@に変えて 下記までメールをお願い致します 婚活の問い合わせアイコンmixisengokujidai☆yahoo.co.jp
-
(C)婚活@パーティー
 婚活